荷物の紛失があった場合、業者の対応は?

attention

引っ越しではどんなトラブルも起こって欲しくないものですが、
その中でも望ましくないトラブルが、荷物の紛失です。

 

引越しでは、大きさやデザインが同じ段ボール箱が大量に並ぶことになりやすい

 

特に多いのは荷物をつめた段ボール箱が一つ丸ごと紛失してしまうケースです。
たとえば2人暮らしの家庭でも、荷物を全部箱詰めするとかなりの数になってしまいます。しかも、梱包用の段ボール箱は、基本的に引っ越し業者が用意します。つまり、大きさやデザインが同じ段ボール箱が大量に並ぶことになりますから、1個くらい紛失してもぱっと見ただけではすぐにはわかりませんよね。紛失しやすく、紛失しても判明しづらい条件がそろっているわけです。

 

では、万が一荷物の紛失があった場合、業者はどのように対処してくれるのかというと、実は何もしてくれません。たとえ高価なものが入っていたとしても、補償などもありません。

 

無責任に聞こえますが、引っ越し業者は荷物の内訳について控えていることはありませんし、一日に何件もの運搬を行っていますから、記憶していることも不可能です。結局、終わったあとで段ボール箱がひとつ紛失している、となっても、業者としては確認する方法もないし、極端にいうと、クレームの真偽も判断できないことから、紛失についてのクレームは原則として受け付けない、という方針になっているのです。

 

そんなわけで、荷物の紛失にかんしてはわたしたちで予防策を講じるしかありません。

 

まず、段ボール箱については、業者に引き渡した正確な数をメモしておきましょう。通し番号をふるのもよいと思います。作業を始める前に、以前荷物が紛失したことがあったので……などとスタッフの方に説明しておいて、積み出すときに箱に次々と書き込んでいくとよいでしよう。

 

自分で梱包する場合は、ノートに番号と一緒に中身を書きとめておくと、何かあったときに確認がしやすくなります。また、戸棚やソファがなくなるケースはまれなようですが、家具についてもメモを取っておくのがおすすめです。

 

荷物を受け取ったら、数がそろっているか、中に異常がないかをその場で確認し、なくなったものがあればスタッフに確認しましょう。運搬直後だと記憶もはっきりしていますから、何かしら対処してくれる可能性もあります。出てこなかったら、警察に盗難届けを提出することになります。